特集
ソンクラーン(水かけ祭り)

タイ大使館のHPは、こちら


ソンクラーン(水かけ祭り)

【目次】
ソンクラーンとは?
正月が3回
日本でのソンクラーン、水かけ祭り


 ソンクラーン  

ソンクラーンとは?

 ソンクラーンとはタイにおける旧正月のことであり、タイにおける旧暦の新年の事。
現在では4月13日〜15日に固定されており、祝日になっている。
タイだけでなく近隣諸国(ミャンマー、カンボジア、ラオス)においても祝われています。
ソンクラーンはサンスクリット語を起源に持つタイ語であり、太陽が次の黄道帯に入ることを意味します。
ソンクラーンの儀式や行事、習慣などはそれぞれの地域や時代によって少しずつ違います。
 元々は、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、
年輩の家族のお清めを行ったり、亡くなった人を偲ぶ期間であった。
ソンクラーンの3日間の間、人々、特に若い人々は、お互いに水を掛け合って楽しみます。
ソンクラーンの間に水を掛け合うのはただ楽しみのためだけでなく、次の耕作期に十分な雨が降るように、という願いも込められています。
最近では、単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。
このため日本では『水掛け祭り』という言い方をしています。
『清く正しいソンクラーン』という映像がありますので、
 こちら を参照下さい。

このページのTOPへ

正月が3回

 タイでは正月を3回祝うことになる。
 1回目の正月はカレンダーの1月1日。
 2回目の正月は2月1日の中国正月。
 この前後は、中華系の人々が大移動してホテルや列車が満席となってしまう。
 3回目の正月が4月13日〜15日のタイ正月であるソンクラーン(別名、水掛祭り)である。
 なかでもチェンマイの水掛祭りは、タイランドで1番有名(派手)である。


 チェンマイの水かけ祭り
 ソンクラーン  

 ソンクラーン  

このページのTOPへ

日本でのソンクラーン、水かけ祭り

 (1)ワットパクナム寺院日本別院(千葉県成田市)
   ワットパクナム寺院日本別院で、毎年ソンクラーン行事が行われます。
   日本在住のタイ人を始めとしたたくさんの方が訪れます。
   今年は、以下のようなプログラムで実施されました。
    10:00 托鉢(乾物)
    11:00 タンブン(食べ物をお供えなど)
    12:00 無料タイランチ
    13:00 お経を読む。仏増にお水をかける
    詳細は、
 こちら を参照下さい。

 ソンクラーン  

 ソンクラーン  

 ソンクラーン  

 (2)埼玉スーパーアリーナけやき広場前(埼玉県さいたま市)
   埼玉スーパーアリーナけやき広場前でも毎年『水かけ祭り』が開催されます。
   このイベントは、「さいたま新都心の認知度を高め、子供たちが楽しめるように」と開催されています。
   当初は、『水かけ祭り&アジアンフェスタ』と称していました。
   2007年にバスケットの世界選手権が開催され、出場国の屋台やブースも参加できるように
   『水かけ祭り&ワールドフェスタ』と変更されました。
   さらに2009年は、従来の2日間から前夜祭を含め4日間になっています。
   充実したイベントも用意されていますので、ご家族連れで足を運んでみてはいかがでしょうか?
   詳細は、 こちら を参照下さい。

 ソンクラーン  

 ソンクラーン  

 ソンクラーン  

このページのTOPへ