タイの国技ムエタイ

このページに掲載希望されるジムは、こちらまで ご連絡下さい

ムエタイジム

【目次】
ムエタイとは?
ムエタイの儀式
ムエタイの歴史
試合形式
階級
採点方法
タイトルについて
タイのスタジアム
日本のジム

ムエタイとは?

 ムワイタイが発音的には正しく、日本ではムエタイで定着している。
直訳すると「タイ式の格闘技」となり、タイ式キックボクシング、タイ式ボクシングとも言われる。
両手、両肘、両脚、両膝を用いて相手と戦う。

このページのTOPへ

ムエタイの儀式

 ムエタイの試合では、タイ人選手は必ず『ワイクルー』と呼ばれる舞踊を行う。
クルー(師)にワイ(合掌する)する。すなわち「師に礼を示す」という意味。
ワイクルーは「師と両親に礼を示し、自己の競争心を高める」、また「戦いの神に無事と勝利を祈る」のです。
ロープに沿ってリングを一周し、跪いて三度(父、母、師)礼をするのは正式なムエタイでの義務でもある。

このページのTOPへ

ムエタイの歴史

 14世紀〜18世紀に栄えたアユタヤ王朝は隣国ミャンマーによる侵略の危機にさらされていました。
その時素手で相手を倒すためにあみ出されたのがムエタイの起源とされている。
ビルマの属領とされていた 1584年 頃に、 ナレースワン大王 がビルマとの戦争に勝って独立を回復したのだが、このときには既にムエタイが大きな役割を果たしたとされる。
これが事実なら少なくとも400年以上の歴史があることになる。

 ムエタイは男の強さを計る基準として各地で盛んに行われるようになった。
チャックリー王朝に入ってからは、決闘が頻繁に行われ、死者が続出したことから一時禁止に。

1921年には、 第一次世界大戦への参戦のために武器を大量に購入することが必要となってきたため再開。
その資金捻出のために国王 ラーマ6世 がムエタイのトーナメントを開催した。
この大会の試合はボクシングのリング上で行われ、時間も測り、レフェリーも置かれた。
これがスポーツとしてのムエタイの始まりといってよいだろう。

1929年 には、拳の保護のためにそれまで使われていた木綿のひもがグローブに改められ、現在の形に近くなった。
1941に、 ラジャダムナンスタジアム が建設。
1956年に、ルンピニースタジアムが建設。

1990年代末には、これまでリングに上がることを許されなかった女性にムエタイを行うことが認められ、少しずつ女子ムエタイが行われるようになっ ている。
また、ボクシングに対するアマチュアボクシングに当たる存在としてアマチュアムエタイも行われるようになった。
これらはムエタイのオリンピック種 目化を目指すタイの国策だといわれている。
またムエタイの国際化の影響として、近年には本場タイで修行し活躍する外国人選手も目立ってきた。
過去には日本人3人が本場タイの王座を獲得した。

 ●藤原敏男
 ●小笠原仁
 ●武田幸三

最近は日本のK-1やキックボクシング興行に参戦するタイ人選手も多い。

 日本でも2004年4月に 世界ムエタイ連盟認定WMFジャパンが正式に発足。
アマチュアのムエタイには二つの団体、 国際アマチュアムエタイ連盟と国際ムエタイ連盟が存在していたが、その為参加国90数カ国という大組織にも関わらず様々な混乱が生まれていた。
ムエタイの オリンピック の種目化を目指し統合され 世界ムエタイ連盟 (W.M.F)が発足した。

このページのTOPへ

試合形式

【アマチュア】
 世界ムエタイ連盟の定める所によれば、試合は2分3ラウンド制である。
勝敗はKOまたはポイント加点形式で争われる。
選手の攻撃をジャッジが有効と 判断した場合、コンピューター処理のボタンを押し、ジャッジ5名のうち3名がボタンを押せば、1ポイントが加算される。
タイで普段行われるプロのムエタイ 同様、パンチよりもミドルキック・ハイキック・膝蹴り・肘打ちの方が重視される。

【プロ】
 試合形式はラウンド制。
1ラウンドを3分間とし、ラウンド間に2分間のインターバルをおく。
通常5ラウンド行う。

このページのTOPへ

階級

 基本的にはボクシングに準ずる。ルンピニーやラジャダムナンではミドル級まで(重い選手がいない為)。
ただし、世界タイトルには団体によってプロボクシングにはない階級スーパーヘビー級が存在することもある。
世界ムエタイ連盟の定める基準はアマチュアは、21階級。
プロは、世界ムエタイ評議会の定める基準は以下の通り。18階級。

アマチュア プロ
階級名称 体重
コットン級 38-40 kg
ペーパー級 40-42 kg
ピン級 42-45 kg
ミニフライ級 45-48 kg
ライトフライ級 48-49 kg
フライ級 49-51 kg
スーパーフライ級 51-52 kg
バンタム級 52-54 kg
スーパーバンタム級 54-55 kg
フェザー級 55-57 kg
スーパーフェザー級 57-59 kg
ライトウェルター級 61-64 kg
ウェルター級 64-67 kg
スーパーウェルター級 67-70 kg
ミドル級 70-72 kg
スーパーミドル級 72-76 kg
ライトヘビー級 76-79 kg
クルーザー級 79-86 kg
ヘビー級 86-91 kg
スーパーヘビー級 91 kg以上
階級名称 体重
ミニフライ級 47.727 kg
ジュニアフライ級 48.988 kg
フライ級 50.802 kg
ジュニアバンタム級 52.163 kg
バンタム級 53.524 kg
ジュニアフェザー級 55.338 kg
フェザー級 57.153 kg
ジュニアライト級 58.967 kg
ライト級 61.235 kg
ジュニアウェルター級 63.503 kg
ウェルター級 66.638 kg
ジュニアミドル級 69.853 kg
ミドル級 71.575 kg
スーパーミドル級 76.363 kg
ライトヘビー級 79.379 kg
クルーザー級 86.183 kg
ヘビー級 95 kg
スーパーヘビー級 95 kg以上


このページのTOPへ

採点方法

【アマチュア】
 基本的にプロと同じルールで、加点方式である。
各ラウンドの総トータル取得ポイントで判定する(ジャッジが効果的と思われる打撃が入った場合を1ポイントとしてのそのポイントの3ラウンドトータル数で勝敗を決める)。

【プロ】
 キックボクシングと大きく異なるのはキックの比重が高いこと。
相手の蹴り足を自分の脛を上げて防御し、その足でそのまま相手を蹴るような動作や、ハイキックなど見て美しく、相手に当てることが困難な攻撃は評価が高くなる。
またキックは相手の腕に防御されても評価の対象となる。
これは、相手の腕を蹴って攻撃していると見な されるからである。
事実、パンチを得意としている選手が蹴りを腕でガードしてダメージを負い、パンチが出せなくなって敗退することは多い。
時には、腕を蹴り折られるときもあるくらいである。
一方パンチの比重は低めとなるため、海外のパンチ主体の選手がムエタイに挑戦すると、相手をKOできない限りはまず判定負けとなる。

 さらに、ムエタイで高く評価される攻撃方法に「首相撲」がある。
これは、相手の首を両手で捕まえて胴体にひざ蹴りを叩き込んだり、投げ捨ててしまうような 攻撃で、「相手を完全にコントロールしている」「相手に何もさせないでいる」という意味から高く評価される。
ただし、注意してもらいたいのがムエタイにおいても『投げ』は禁止である事。
具体的には足をからめての投げ(柔道の内掛けや外掛けにあたる動作)は禁止だからだ。
腕の力と体重移動のみで投げを打つのは言葉で言うほどたやすい所作ではない。
だから玄人筋は首相撲を見る事を好む。

このページのTOPへ

タイトルについて

 タイでは試合の行われるスタジアムごとにランキングやタイトルが存在し、特に ラジャダムナン 、ルンピニーの両スタジアムのタイトルが最も権威がある。
また、タイ国プロムエタイ協会というものもある。
その他、WMC(World Muay-Thai Council、世界ムエタイ評議会。)や WPMF (World Professional Muay-Thai Federation、世界プロムエタイ連盟)はタイに本部があり、ムエタイの世界タイトルとしては権威があるとされるが、どちらもまだ歴史が浅い。
また、キックボクシングの団体でありながらムエタイの王座を設けているところもある。

このページのTOPへ

タイのスタジアム

※スケジュ−ルは、変更される場合がございますので、ご確認下さい。
  主なスタジアム 住所 スケジュール Tel
バンコク ルンピニ スタジアム Rama 4 Road, Bangkok
(ルンピニ公園そば)
火&金曜日/18:30〜23:00
土曜日/17:00〜20:00&
20:30〜24:00
66-2-251-4303,
280-4550,
253-7702
ラチャダムノン スタジアム 1 Ratchadamnoen Nok Ave., Bangkok 月、水&木曜日/18:00〜
日曜日/17:00〜
66-2-281-4205,
0879
チャンネル7 スタジアム 旧北バスターミナル(モーチット)裏 日曜日/14:00〜16:00 66-2-257-0370,
379〜81
ランシット スタジアム 336/932 Mu 1 Prachatipat, Thanyaburi, Rangsit, Pathum Thani
(バンコクから約46km)
水&木曜日/20:30〜24:00 66-2-992-0099
サムロン スタジアム Samrong Rd., Samut Prakan
(バンコクから約29km)
金&日曜日/20:00〜翌1:00 66-2-393-3592
サイアム ボクシング スタジアム 74 Mu 12 Tambon Omnoi, Amphoe Krathum Baen, Samut Sakhon
(バンコクから約36km)
土曜日/11:45〜 66-2-420-4317
インターナショナル スタジアム
チャチューンサオ
23/22 Mu 6 Thepkhunakon Rd., Chachoengsao
(バンコクから約82km)
土曜日/16:00〜 66-38-82-1746〜50
チェンマイ デチャヌコ ボクシン グリング Bamrungrat Rd., Amphoe Mueang, Chiang Mai
(バンコクから約696km)
土&日曜日  
プーケット プーケット ボクシング スタジアム Phuket Rd., Amphoe Mueang, Phuket
(バンコクから約862km)
金曜日/20:00〜  

このページのTOPへ

日本のジム

ジム名称 地域 連絡先 コメント
ウィラサクレック・ジム 関東近県
〜福岡県
(03)-3876-4900 目的にあった練習を取り入れています。
無理せず楽しく続けられるようにしています。
ムエタイの数多くの実戦テクニックは、ダイエットや護身術にも最適。
センチャイ・
ムエタイジム
東京・中野 (03)-3380-5531  ムエタイの素晴らしさを普及させたい。
本当のムエタイを理解してもらい、世界に通じるチャンピオンを育てたい。
PHOENIX 東京・神田
秋葉原
(03)-5294-2585   キックボクシングとムエタイは屈強な男たちだけのものではなく、 女性・子供から初心者、年配の方まで誰にでも楽しむ事のできる一般スポーツだと皆様に体感して頂きたい。
グレーシーバッハ
東京
東京・駒込 (03)-5974-7793   本人の自主性を重んじ、アマチュアの方には、強制はしません。
但し、プロを目指す人には、厳しく指導してます。
総合格闘技、柔術、キックボクシングを毎日行っています。

このページのTOPへ